東京レーシックセンター

最先端レーザーを取り入れた「東京レーシックセンター」

東京レーシックセンターの魅力はなんといっても最先端のレーザーを取り入れているといった点かと思います。
皆様が普段注目するのは、様々なレーシッククリニックだと思いますが、やはりそれに伴うレーザーというものにも利用するのであれば、知っておかなければなりません。
過去のレーザーと現在のレーザーではやはり大差までとはいわないものの、それなりのレベルの違いというものがあります。
例えば、現状においてはフラップ作成というジャンルでいえば、メーカーであるマイクロケラトームとイントラレース社のFSレーザーが有名だったのです。
ただ現状で高い評価を得ているのが、FDA承認済みのフェムトセカンド秒レーザーというタイプとなっています。
その中でも高い評価を得たのが、「Femto-LDV(Ziemer社)」のフェムトセカンド秒レーザーなのです。

こちらのメーカーはスイスのメーカーであり、今までに注目されていたイントラレースといった存在よりも更に精密なレーザーメスを可能にすることができたのです。
その性能というのも、レーザーの一発の照射サイズがイントラレースと比較しても更に細かな調整が可能になったことによって、Femto-LDVは約1ミクロンでできるようになったのです。
このように様々なメリットが挙げられるだけでなく、いままでに困難だと思われていた世界がそうではなくなる可能性がでてきました。
その素晴らしい最先端のレーザーを東京レーシックセンターは取り入れているのです。

最新の機器と技術の融合から生まれる安心

東京レーシックセンターはアクセスに非常に便利な環境に位置していることでも知られています。
ただ東京以外の方にとっては参考にならないのですが、なんと東京駅から徒歩3分という好立地となっており、予約も殺到しているのだそうです。
先ほども紹介しましたが、「Femto-LDV(Ziemer社)」のフェムトセカンド秒レーザーだけが東京レーシックセンターの魅力というわけではありません。
なぜならまだまだ最新の設備が用意されているからなのです。この他にも安全なレーシック手術を受ける事が可能となっている機器が充実しているのです。
Wavelight社のかなり精密な機器をはじめとして、VISX社の各々の角膜の状態に適応できるレーザーも取り揃えているのです。
つまりどの機器においてもとても信頼がおけるものであり、その効果というものも安心・納得ができる環境ができているといっても過言ではないかと思います。
今までにできなかったところに更につっこんでよりよく矯正・レーシックを行うというのが、東京レーシックセンターだと感じました。

このように最新機器ということだけなく、最高レベルの安全性を保っているといった強い印象を受けます。
それだけでなく、話題の「スーパーナノレーシック」を受けることができるクリニックとしても人気となっており、非常にキャラクターのあるレーシッククリニックといっても過言ではありません。
誰もが安心して納得のできるクリニックとなっているのです。

詳細と料金について

早速東京レーシックセンターを利用したいと思った方がたくさんいることだと思います。
そんな方のために東京レーシックセンターの詳細を解説していきますので、是非参考にしてみてください。
まず気になる診療時間ですが、午前10:00〜午後 7:00までとなっております。ですので、少々仕事帰りに診察を受けるというのは困難といっていいかもしれません。
都合がつきやすい日をしっかりと管理して、スケジュール調整を行う必要があるといっていいかもしれません。
休診日においては、毎週 水曜日となっていますので、こちらのほうも忘れずにしっかりとスケジュールにあわせてチェックしておくといいでしょう。
スケジュールが決まりましたら、まずは東京レーシックセンターに電話などで問い合わせをして、予約をしましょう。
当然ではありますが、予約なしでは診察を受けることはできませんので、注意しなければなりません。

そして気になる料金ですが、人気となっているスーパーナノレーシックは188,000円となっており、スーパーナノカスタムビュー248,000円となっています。
またレーシッククリニックの基本ともなっている、スーパーレーシックの方は145,000円となっており、スーパーレーシック・カスタムビューは205,000円となります。
PRK・LASEK165,000円という料金ラインナップとなっております。
若干術式によって料金の変動があるということなので、具体的な料金は問い合わせの際に確認するようにしましょう。